anshin

appli02_yellow

投資でお金を稼ぐというと、どうしても
FXだ、株だ、先物だ
などといった具合に、稼ぎ方ばかりがクローズアップされがちです。

しかし、毎月2万円を積み立てすれば、6%複利で運用して22年後には1074万円などと
いったところで、マイナス金利の時代に6%なんてありえないというのが本音ではない
でしょうか?

ファイナンシャルプランナーの鬼塚祐一さんは、投資信託や確定拠出年金などを効果的
に使いこなせば十分に達成可能なレベルだと指摘しますが、訳の分からない詐欺のよう
なものに汗水たらして稼いだ貴重なお金を1円たりともつぎ込みたくない
と思っている
かもしれませんね。

他人に投資信託や株式投資などを勧める銀行や証券会社の社員が実は社員預金や財形、
普通預金しか使っていない
という笑い話は有名ですね。

投資詐欺も少なくありませんから、甘い話に騙されてはいけないという消費者庁や消費
生活センターなどの警告のほうが、よっぽど信用できると思うのではないでしょうか。

投資信託なんて元本保証がない時点で博打と同じようなものだし、年金なんて国家詐欺
もいいところだから、そんなところに金をつぎ込むなんてバカバカしいと思っているか
もしれませんが、鬼塚さんによると、あまりにも誤解が蔓延していると指摘します。

年金は20代でマイナス2000万円の「払い損」といったセンセーショナルな言葉に振り
回されて未払いにしている人も少なくありませんが、元々税金もまともに払えないほど
に収入が少ない状況であればまだしも、普通に支払いの負担に苦しんでいるのであれば
置き換えるだけで納税額や保険料も大幅に減らせる
のです。

あてにならない運用とは異なり、納税額が減れば確実に現金が回収できますから、住宅
購入のチャンスが広がりますし、同じように行動していても知識がないために損をして
いるケースは意外に多いのです。

s-check2-3