fxcollege

appli02_yellow

FX入門書やFX業者のWebサイトを見れば、FXトレードで必要となる用語や基礎的な知識
は身につけられますが、それを読んだだけで稼げるのであれば苦労はいりません。

FXトレーダーの95%以上が負け組という調査結果もありますし、証券会社や投資銀行で
職業として取り組んむFXトレーダーが巨額の損失を叩きだし倒産や撤退に追い込まれる
といったケースも過去にはありました。

一時的に稼ぐことが出来たとしても、FXで安定的に稼ぎ続けるのは難しいものです。

そんな、博打のような成功率の低いものには手を出したくないというのであれば、今すぐ
FXから撤退したほうが無難ですし、精神的な安定感も全くと言っていいほど違います。

もちろん、トレードの仕方次第で、いくらでも低リスクで取り組めるのもFXの特徴ですが
自覚のないままに、いつの間にかリスクの高いトレードになっていたというケースは数え
きれないほど存在します。

これが、FXトレード手法の優劣などよりも、はるかに怖い点なのです。
それこそ資産を一気に失う結果になりかねません。

FXで勝ち続けるために必要なのはトレード手法ではなく、再現性あるトレードを確立して
結果に左右されずに続ける
(再現性がないと判断したら即刻停止)ことだと言いますが、
FX入門書を読んだだけでは無理な話ですし、損益だけを見ても正しい判断はできません。

累計損失が増えてきたから今のやり方をやめるというのは、一見して合理的な判断のように
思えますが、暴騰・暴落が続く時期など、どうやっても無理な場合もあるために、優位性を
正確に判断するというのは意外に難しいものです。

FXで勝つには「相場が動く原理」を理解することが大前提
だというのは、合同会社ACTの小倉武史さんです。

s-check2-3