hosyonin

appli02_yellow

都心のマンションを一棟買いしようと思ったら、億単位の資金が必要になることも決して
珍しくありません。

当然ながら、自己資金だけで全額を用意できるのは一握りの富裕層だけであって、少なく
ともあなたではない
ことは言うまでもないでしょう。

そこで金融機関などから融資を受ける必要があるわけですが、せっかく審査が通過しても
ほとんどの場合、連帯保証人が見つからなければ融資を受けることは出来ません。

連帯保証人として、あなたの配偶者や親類を指定することも多いとは思いますが、不動産
投資である上に金額が大きいこともあって、妙な先入観を持たれて断られてしまうという
ケースも少なくありません。

特に独身の場合には、連帯保証人を用意するだけでも大変です。
その結果、せっかくの投資チャンスを逃してしまうというのはモッタイナイですよね。

そこで、元不動産投資ファンドの財務担当取締役で、不動産投資家の山之内豊さんが連帯
保証人を用意できなくても金融機関から希望する金額の融資を受けられる方法
を解説した
マニュアルを作成しました。

それが「配偶者の連帯保証人なしで総額10億円の融資を受けた方法」です。

金融機関から融資を受ける場合には、同じ物件に対する融資で、同じ金融機関であっても
支店や担当者によって融資の結果は異なることは珍しくありませんし、キャンペーンなど
が行われていれば、通常よりも融資姿勢が緩くなる傾向があります。

相談の仕方やタイミングによっても融資結果が変わることも珍しくありませんから、何が
正しいのか、あなたの頭の中が混乱するのではないでしょうか。

さまざまなファクターを踏まえて、最も有利な形で金融機関との融資交渉が行える方法を
山之内さんが1000件を超える交渉の経験を踏まえて、「配偶者の連帯保証人なしで総額
10億円の融資を受けた方法」では説明しています。

s-check2-3