winlogic90

appli02_yellow

2009年4月6日から2016年2月23日までの約7年間で、損失を出したのは14回しかないと
いうFX自動売買システムが「Winlogics90 eur/jpy」です。

ナンピンやマーチンゲールは一切ありませんし、ドテン売買も行いません。
為替市場の値動きの状況に応じて、たまに両建てを行う場合がある程度です。

最大ポジション数は3個までに制限されていますので、むやみやたらとポジションが増加
するという心配もありません。

さて、「Winlogics90 eur/jpy」はスイングトレードで中長期にわたって大きな利益を
狙っていきますのでトレード回数も少なくなり、先程と同じ約7年間で利益を出したのは
177回であり、トレード勝率は92.7%となります。

1回のトレードで100pips単位の損益が出ることも珍しくありませんから、効率良く資金
を増やしていけるというわけです。

トレード回数の少なさから「Winlogics90 eur/jpy」自動売買システムの信頼性に疑問が
見られるという意見もありますが、数時間から数日程度のトレンドを狙っていきますから
やむを得ない点があると言っても、スイングトレード向けのシステムをスキャルピングや
デイトレード主体のシステムと同じように判断するのは難しい
といえます。

「Winlogics90 eur/jpy」は独自のアンチブレイクアウト方式を採用しています。

トレンドが発生する前のレンジ相場や揉み合い相場の段階で、将来的なトレンドの発生を
予想して先回りしてエントリーするという仕組みですが、100%完璧に的中できるわけで
はないとしても、トレード勝率92.7%という実績を見れば精度の高さがわかるのではない
でしょうか。

s-check2-3