kosokufudosan

appli02_yellow

サラリーマンが不動産投資を始めようとした場合、一般的に以下の流れで行うことが多い
と指摘をするのは「光速不動産投資法を実践する会」代表の西山明さんです。

  • 自己資金(頭金)から購入可能な物件金額の上限を算出する
  • その金額の範囲内で高利回りが期待できる物件を探す
  • 希望物件が見つかったら損益シミュレーションを行う
  • 購入したいと思ったら金融機関から融資を受けるために審査を申し込む

この流れで不動産投資を進めていっても悪くはありませんが、金額が足りないので良質な
物件が見つかっても購入対象からはずれたり、金融機関の審査ではねられて購入に失敗と
いうケースが多く、成果につながらないまま人生を終えることになると西山さんは警告を
します。

頑張って購入できたとしても数件程度で終わりますし、1件でも赤字になると完全に行き
詰まってしまう結果
になりかねません。

そこで、西山さんが提唱する「光速不動産投資成功法」は、不動産投資の順番を根本的に
変えます。

  • 金融機関からの融資が引き出せる物件を見つける
  • 現地調査を行って本当に利益が出るかどうかを検証する
  • 現地調査・シミュレーション結果が良好なら金融機関に融資を申し込む
  • 融資を受けて物件を購入する

この手順であればフルローンでの融資も難しくありませんし、スルガ銀行の高金利融資に
頼らなくても、低金利で融資を引き出して運用利回りを引き上げることが可能
です。

この方法で物件を買うと、仮に失敗しても次の物件でリベンジというのが可能ですから、
資金繰りに行き詰まってしまうほどに巨額の損失まで膨らんだ場合は別としても、従来の
不動産投資方法と比べると、はるかに身動きがとりやすい
といえます。

頭金ゼロでできる光速不動産投資成功法」は、物件探しに欠かせない情報収集の仕方に
ついても具体的に説明していますし、電話相談やメールサポートで疑問点を解決できる上
に、希望者は「光速不動産投資法を実践する会」に参加できます。

光速不動産投資法を実践して(セミ)リタイアに成功したいと思う不動産投資家が数多く
在籍していますし、すでに実績を出している人も少なくありません。

s-check2-3