1timefx

appli02_yellow

FXシグナル配信は一時期はブームとなったことから、多くの配信サービスがありましたが
今では見かけることが少なくなりました。

その理由は単純明快です。

特に売買履歴配信の場合に影響が大きかったのですが、メールサーバー障害のために受信
できなかったというケースや、メール遅延のために何時間も後に到着してシグナルとして
使いものにならないというケースが珍しくありませんでした。

また、それよりも深刻だったといえるのが、トレードチャンスが来たらメールを配信する
というシステムが一般的だったことから、それこそ、日中・夜中関係なしにメールが配信
されることで、せっかくシグナルが来てもトレードできない場合が多かった
のです。

熟睡している真夜中(夜勤の人であれば日中)にメールが来てもチェックできませんし、
仕事中は私用のスマホやガラケーを専用の金庫に預けるなどして使えなくしている会社も
珍しくありませんから、トレード自体が不可能なのです。

そこで、「ワンタイムFXライト」は、従来型のFXシグナル配信の問題点を全て解決した
定時配信型システムを採用
しました。

配信時間は、アメリカのサマータイム実施時期は日本時間の午前7時、それ以外は午前8時
の1日1回のみです。

メールの内容を見て8時5分までに成行注文でエントリーした後、同じくメールに書かれた
内容に従いリミット・ストップを予約注文で出しておけば、その後はほったらかしで構い
ません。

その日の21時を過ぎても決済が終わっていなければ、損益に関係なくクローズします。
オーバーナイトは一切行いません。

ワンタイムFXライトの配信が始まった2012年以降、年単位でマイナスになったことは
一度もありません。

トレード単位、月単位ではマイナスになったことはありますが、中長期で運用する分には
問題ない水準と言えるでしょう。

s-check2-3