3jigenfx

appli02_yellow

かつては、株価と為替は連動したり、しなかったりという具合に安定しなかったわけです
が、2006年以降は高い相関関係を維持し続けるようになりました。

その理由として、日本企業の海外進出や、海外企業による日本企業の買収が進んだことで
為替の影響が株価に反映されるケースが増えたのと、海外の機関投資家が日本株の取引を
積極的に行うようになった影響が大きいと言われています。

そこで、投資情報サービス会社 「株式会社アルジャントレード」代表の持田有紀子さんは
日経平均株価(日経225先物)とドル円相場との相関関係をいかすことでペアトレードが
可能
だといいます。

厳密には、実体経済である日経平均株価と、金融派生商品である日経225先物とでは違い
がありますし、日経225先物は10円単位(225ミニは5円単位)ですから、日経平均とは
値が異なる場合も珍しくありませんし、十円単位で値がずれることもありますが、大局的
にみれば「同じようなもの」として扱っても問題ありません。

このドル円相場と日経225先物とのペアトレードで稼ぐのが「3次元FX」です。
「3次元FX」は、大きく以下の3種類のトレード手法になります。

  • 「引っかかりどころ」を見つけるためにテクニカルを利用した手法
  • 「金融マーケットの時間の流れ」を有効活用した手法
  • 「ビッグウェーブ」を見極めて大きなリターンを得る手法

基本的には上の2つの方法でトレードを行い、相場波乱時などに一番下の方法で大きく利益
を狙うという流れになります。

上の2つの方法はチャートを常時見る必要はなく、裁量トレードと言っても機械的に淡々と
判断するだけで済みますので、苦労することはありませんが、一番下の方法は大きな利益が
狙える一方、失敗すると損失も大きくなる恐れがありますし、瞬時のトレード判断が必要に
なりますから心身ともに疲れます。

無理をしたくなければ、上の2つの方法だけ取り組むというのでも問題ありません。
月40%の利益を達成することは可能です。

s-check2-3