multi-highlow

appli02_yellow

ライントレードをするにあたって、チェックする水平線といえば高値・安値の2本線です。

斜めに線を引くトレンドラインと比べて、水平線は機械的にラインを引けるだけでなく、
多くのトレーダーが注目するポイントでもありますから、トレンド狙いであればブレイク
アウトが起こるチャンスを待ち受けたり、レンジであれば逆張りの仕掛けどころといった
具合に、さまざまなトレード戦略が考えられます。

そこで役立つのが、「マルチハイロウ インディケーター」です。

直近の10分、1時間、2時間、4時間と言った具合に、高値と安値を自動的にチャート上に
ラインで表示してくれるインジケータ
です。

さまざまな通貨ペアを一覧で表示しますので、主要通貨ペアを並べて、どの通貨が強いか
といった状況を調べるのに役立ちますし、通貨ペアごとのボラティリティーを数値化して
表示していますから、一目で通貨の強弱が把握できます。

もちろん、ライントレードで欠かせないレジサポラインをチャート上に表示しますから、
どこの価格で抵抗が起こりやすくなるかがわかりますし、ダマシの場合もあるとはいって
もブレイクが起これば一気に値が動きますから、ブレイクアウトが始まったらエントリー
することで短時間でも効率良く稼げるというわけです。

なお、「マルチハイロウ インディケーター」は良くも悪くも高値・安値を自動的に表示
して、通貨ペアのボラを表示するだけのツール
です。

どのようにラインを使いこなせば良いのか、あなたが判断する必要があります。
ダウ理論やライントレードの知識がないと使いこなすのは難しいでしょう。

s-check2-3