itsetuzei

appli02_yellow

アフィリエイトやせどり、ネットショップ運営などのネットビジネスや、プログラマー、
ブロガーなどとして得られた報酬は確定申告をしなければいけないことは改めて説明する
までもありません。

確定申告を全くしなかったり、売上を誤魔化して納税額を減らすといった行為を続ければ
上級国民や宗教、暴力組織などとは異なり、一般国民に対しては税務署が徴収に来ますし
問答無用で資産を没収します。
その結果、自己破産をしたとしても、支払えない税金は免除されません(とはいえ実際に
支払えない人から金銭を巻き上げることは出来ないために、役所と交渉すれば減額や免除
されるケースも少なくありません)から、そんな目に合うぐらいであれば先に支払った方
が後ろめたい思いをすることもなくなります。

そこで、合法的な範囲内で少しでも納税額を減らすために「節税」をしたほうがいいわけ
ですが、税金に関する知識を十分に持っていないと失敗しかねません。

例えば、青色申告をすれば税金が安くなるといっても、税務署に書類を提出しないと実行
することは不可能ですし、会計ソフトを使えば記帳や複式簿記が簡単にできるから、会計
ソフトを買えといった話がいきなり出てきて戸惑ったこともあるかもしれません。

青色申告で複式簿記にチャレンジしたのは良いけれど、全く何も出来ずに結局は諦めたと
いう人もいるのではないでしょうか?

それだったら、税理士に全て任せてしまえばいいと思うかもしれません。

最近は税理士も人あまりの状況が続いていることから、確定申告代行を格安で請け負って
くれますが、あくまでも合法的な確定申告を行うというだけのケースがほとんどであって
最大限の節税をしてくれているとは限りません。

税理士によって納税額が変わるといったケースは決して珍しく無いからです。

違法や悪徳なことをやり尽くしているというような意味ではなく、全て合法的なことしか
しなかったとしても、結果は大きく変わるのです。

IT関係やインターネットビジネス業界に対する知識が乏しい税理士だと、本来なら経費に
なるべきものを全くの無関係だと勝手に決めつけたり、よくわからないからということで
節税できるのに何もしないという不作為をやらかすケースも少なくありません。

あなたがIT関係やインターネットビジネス業界に強い税理士を知っていれば、今すぐでも
顧問契約を結んでおくと、さまざまなケースで役立ちますが、ほとんどの場合は知らない
と思いますので、「IT節税お任せパック」を利用すると良いでしょう。

s-check2-3