daytradejuku

appli02_yellow

スキャルピングやデイトレードを行うにあたって、FXや先物と比較すると株式は不利
いったイメージを持っていませんか?

確かにトレード時間は夜間のPTS取引があるとはいっても取引量は極めて少ないことから
実質的には証券取引所が開いている時間帯しかトレードできない状況ですから、24時間
トレード可能なFXであったり、取引時間を順次延長してきた日経225先物や商品先物など
と比べるとトレードのしづらさはあるでしょう。

また、先物であれば株価指数や商品、FXであれば通貨ペアといった具合に選択肢が限られ
ているのに対して、株式の場合には個別銘柄だけでも3500以上あります(ほとんど取引が
ない銘柄も含む)から、どの銘柄でトレードをすれば良いのか迷うという点もデメリット
に感じるのではないでしょうか。

しかし、複数の証券会社を渡り歩いて、20年以上にわたってディーラーをしていたという
株式アナリストの山本伸一さんはディーラーが行っているデイトレードを行えば、大量の
トレードを繰り返して心身ともに疲弊すること無く稼ぎ続けられる
と指摘します。

その具体的なノウハウをマニュアルにしたのが「究極デイトレ実践塾2」です。

塾と言っても会場に集まるわけでもなければ、オンラインスクールでもありませんので、
間違えないように注意してください。

狙ったパターンが来た時に、あらかじめ用意していたルールに従ってトレードすれば良い
のであって、それ以外の時は待っているだけで十分なのです。

釣り糸を垂らして魚が引っかかるのを待つのと同じような要領です。

午前中に銘柄を選んだ後、午後に何回か画面をチェックするトレードスタイルもあれば、
条件が揃えば1日15分、トレード1回で目標利益を達成して、その後は明日への英気を養う
なり、マーケットの研究分析に没頭しても構いませんし、それこそ、トレードをしないと
気がすまないというのであればFXや先物などをしていても構いません。

s-check2-3