kokoyusi

appli02_yellow

不動産投資で欠かせないのが資金調達
ですが、少しでも有利な条件で融資を受けたいと思った時に検討するべき金融機関として
あげられることが多いのが、商工中金日本政策金融公庫です。

両者ともに民間銀行などでは考えられない程の低金利や金額の融資を引き出すことが可能
ですから、使わないというのは非常にもったいない話
なのです。

日本政策金融公庫は商工中金と同じく政府系金融機関ですが、両者で異なる点としては、
日本政策金融公庫で融資を受けるにあたっては信用保証料が一切不要な上に、中小企業の
経済支援という色彩が強いことから審査基準も商工中金よりも緩い印象があります。

不動産投資を行う投資家も「事業者」として扱ってくれますし、個人の属性が低いからと
いっても融資をしないということはありませんから、あなたが今までに審査の申し込みを
したことがなければ日本政策金融公庫を使ったほうがいいことは言うまでもありません。

しかし、日本政策金融公庫の融資審査は民間の金融機関とは全く違います。
国内屈指の厳しい基準が課せられるからです。

話が違うじゃないか!
と、思わず怒ってしまったかもしれませんが、民間の金融機関とは異なる点で国内屈指の
厳しい基準が課せられるという話であって、基本的には資金を貸したくて仕方がないわけ
ですから、公庫側の審査が通るように書類を用意して説明をすれば、驚くほど簡単に通過
します。

要するに民間金融機関のような融通を効かせてもらえるように求めるのは間違いだという
わけであり、日本政策金融公庫は「役所」だと思えば、どう対応すれば良いのかは簡単に
イメージできる
のではないでしょうか?

そこで、日本政策金融公庫から融資を引き出すことに成功したというサラリーマン大家の
「コテツ」、「けいすけ」の2名が、自らの経験だけでなく、公庫職員からヒアリングを
行い、どうに審査を受ければ良いかをまとめたマニュアル「日本政策金融公庫の完全攻略
レポート
」を作成しました。

わからないことや個別のケースにおける込み入った話などにも対応できるスカイプ相談や
融資審査を受ける際に提出する事業計画書の添削サービスも無料で行ってくれます。

s-check2-3