hikari

appli02_yellow

優位性のあるトレードをすれば稼げる
とはFXだけに限った話ではなく、トレード全般で言えるわけですが、それができないから
こそ苦労しているわけですよね。

トレードマニュアルなどを読めば、このタイミングでエントリーすれば良いという具合に
サンプルをまじえて解説しており、あなたも簡単にマスターできそうな気分になります。

しかし、実際のトレードにおいて、サンプルと似たパターンが出ても見逃してしまったり
自信がないことから間違った判断をするケースは珍しくありません。

あなたもトレード判断を誤って、せっかくのトレードチャンスを見逃したり、損をしたと
いう経験をしたことがあると思います。

この「優位性」という漠然としたものをハッキリと見えるようにすれば、トレード判断で
悩むことはなくなる
と指摘をするのは、「ぷーさん」こと株式会社ベアードラインの熊木
章人
さんです。

ぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝~かがやき~」はトレード勝率
よりも利益の大きさを優先したトレンドフォロー手法を説明していましたが、3000名以上
の実践状況をチェックしたところ、トレード勝率の低さがネックになっていたことが判明
したといいます。

「輝~かがやき~」も獲得利益という点で優位性はありますが、トレード勝率が低いこと
から優位性を実感できなかったFXトレーダーが多かったという点を踏まえて、新たに開発
した講座が、「優位性をハッキリと見えるようになるためのトレード講座 光~ひかり~
です。

利大損小に加えて、勝率が高い(トレード勝率は50%強ですが利益2:損失1の結果です
から低いとはいえません)トレード手法を学ぶことが出来ます。

「光~ひかり~」はスキャルピングからデイトレード手法になります。

とはいえ、トレードチャンスは通貨ペア毎に1日1回あるかどうかというレベルです。
釣り糸を垂らして餌を食うのを待つ感覚が求められますね。

トレードするのが忙しくて困るようなことはありませんが、チャートを凝視し続けて集中
力が切れないようにするのが大変かもしれません。

もちろん、「輝~かがやき~」が使いものにならないというわけではありません。
4時間足メインのスイングトレードで、チャートをチェックするのは1日数回で良いという
メリットは変わりません。

s-check2-3