makenai225

appli02_yellow

株価は投資家心理が動かす
という言葉がありますが、あなたはどう思いますか?

投資家心理」と言っても、その元となるニュースや材料などの方が重要だという意見も
あれば、結局はランダムウォークであることは数学的に証明された事実だから考えるだけ
時間の無駄だという意見もありますが、あなたの場合はどうでしょうか?

もちろん、未来の株価(および日経225先物指数)が何円になるかなんて分かりませんし
アナリストやエコノミストなどの予測が全くといっていいほど当たらないことは、あなた
も知っているでしょう。

だからこそ、現時点において「買いたい人」と「売りたい人」のどちらが多いか把握する
ことで需給バランスが予想できますから、今後の方向性もつかめるようになる
というわけ
です。

これが「投資家心理」の正体なのです。

売りたい人よりも買いたい人のほうが多いと株価や指数が上昇することは明らかですが、
これを根拠の全くないランダムウォークだと断言するのはおかしな話ですよね。

それでは、どのようにして投資家心理を日経225先物トレードに反映していけばいいので
しょうか?

最初に書いたように、投資家心理をつかむためにニュースや材料などの方が重要だという
意見は間違いではなく、ファンダメンタルやテクニカルを活用して読み解いていく必要が
あるわけですが、それ以外に、オプションは毎月、先物は3ヶ月に1回、それぞれ第2金曜
にやってくるSQ通過日であったり、週明けと週末の動きや、ヘッジファンドの決算などと
いった具合に、事前に想定されている資金の動きも把握しておく必要があります。

しかし、知識としては知っていても、実際のトレードに反映できなければ役に立ちません
から、正しい活用法まで理解しておく必要がありますが、なかなか身につけられる機会が
ないものです。

そこで役立つのが「負けない日経225再入門」です。

100分の動画で理論的な活用法を学んだ上で、「日経平均トレード戦略メール」が営業日
ごとに配信され、現時点の投資家心理を知ることで相乗効果が生まれます。

s-check2-3