kaburich

appli02_yellow

あなたが株式投資で稼げないのは

  • 銘柄選定
  • 売買手法

に致命的な誤りがあるからだと指摘をするのは、元証券ディーラーで「投資家再生請負人」
紫垣英昭さんです。

機関投資家と同じようにトレードしても勝てないからこそ、個人投資家だから可能な方法
で株式投資に取り組めばいい
と紫垣さんは言いますが、どのような方法でトレードすれば
いいのでしょうか?

一言で言えば、「特殊投機銘柄」に絞って適切なタイミングでトレードすればいいという
のが紫垣さんの結論です。

しかし、「特殊投機銘柄」という言葉自体の意味がわからないと思います。

簡単にいえば、暴騰が期待できる低位株のことですが、将来の好業績が期待できるために
先回りして投資するバリュー投資などではなく、投機筋(仕手筋)が介入しやすい銘柄を
狙って「相場操縦」されるタイミングを使って稼ぐ
というものです。

本当に「相場操縦」が行われたかどうかは証券取引等監視委員会が調べますから、逮捕者
が出るケースを除けば事実かどうかは闇の中ですが、頭をかしげるような値動きが起こる
ケースは時々あなたも見かけたことがある
かもしれません。

そのような株価暴騰が起こる前に株を買えば、あなたの売買に関して相場操縦を気にする
必要はありませんので、売り時さえ間違えなければ儲かることは言うまでもありませんが
そんな思い通りにいくものなのかと疑問に思っていませんか?

それを可能にするのが「株リッチプロジェクト」です。

「特殊投機銘柄」のリストは不定期で更新されており、それぞれの銘柄におけるトレード
タイミングなどを詳しく説明しています。

「特殊投機銘柄」は常に有効性が確保されていますので、リストが古くて役に立たないと
いった心配はありません。

株価をチェックするのは1日1回で、証券市場が閉まっているタイミングで十分ですから、
平日の日中は仕事であっても問題ありません。
売買注文も予約で構いません。

s-check2-3