stocknote

>>公開は終了しました<<

株式投資でも、スキャルピングやデイトレードなどの短期トレードが主流になっています
が、その理由として暴騰・暴落が起こる可能性が高いという点が挙げられます。

年に数度は予告なく株価が暴落しつづけたり、ニュースにも出てくるように暴騰と暴落を
繰り返す光景が見られますし、海外では金融不安が慢性的に続いていることから、何かの
拍子に表沙汰になると一気に世界経済がパニックに陥ることになり、当然ながら東証でも
大きな影響を受けるわけです。

バブル期のように株を持っているだけで株価が上昇し続けるといった安心感は、今の株式
市場にはありませんから、リスクを抑えるために株として持つ時間を可能な限り短くする
というトレード手法が主流になっているのです。

しかし、信用取引をしなければ、株を買って放置しておいても、最悪の場合でも購入金額
を失うだけで済みますから、いきなり巨額の借金が発生するといった心配はありません。

このため、中長期にわたって株を持ち続けて株価上昇を狙うトレード手法が使えないわけ
ではありませんし、今でも十分に有効な戦略の一つ
です。

このような中長期投資手法はバリュー投資グロース投資などとして知られていますが、
あなたも知識としては身につけていても、実際のトレードで使いこなせるレベルかという
と自信がないのではないでしょうか?

そこで役立つのが「STOCK NOTE」です。
中長期投資において必要な知識を184ページのマニュアルで学べます。

将来的に株価が上昇すると思われる企業を選ぶわけですから、そのために欠かせない分析
手法や、いつ株を買って、いつ株を売って利益確定をすればいいのか、具体的に説明して
います。