1kodate

>>公開は終了しました<<

不動産投資というと、多額の融資を金融機関から引き出して、マンションやアパートを
一棟買いするといったイメージがつきものです。

確かに資金効率は優れていますし、成功すれば一気に大金を稼ぐことが出来ますから、
成功した不動産投資家が、ヤングリタイアを目指すのであれば最も優れた手法だと言い
たくなる気持ちもわかりますが、その一方でリスクが高いのもまた事実です。

特に不動産投資の経験が浅いと、リスク管理が甘くなりやすく、碌でもない物件を優良
物件だと勘違いしかねませんし、購入時は優良物件であっても時間が経つほどに空室が
増えていき、うまく対応できずに赤字になるといったケースも少なくありません。

このため、乗用車を買える程度の価格で行える物件で不動産投資の経験を積むことで、
賃料収入が一切なくなる最悪のケースにおいても、ローンを組んでいなければ自己破産
まで追い込まれる心配はありません。

しかし、少額物件として有名なワンルームマンションは避けたほうが無難です。

購入時は家賃保証まで行うような物件であっても、結局は空室の不良物件になる確率が
高い上に、購入価格より相当低い値段でしか売れないケースが殆んどですから、ローン
を組んでいたりすると全額返済できないおそれも出てきます。

その一方、一戸建て住宅であれば、アパート・マンションでは入居しないような不便な
エリアでも空室になる心配は極めて少ない
と指摘をするのは、不動産投資家の神純一郎
さんです。

隣の家まで何キロも離れているような過疎地でもない限り、200万円以下の中古住宅で
あっても入居者が簡単に見つかるのです。

だからこそ、特に不動産投資経験が全く無い・少ない人にとっては低価格で購入できる
一戸建て住宅が最適
だと神さんは言います。

しかし、一戸建て賃貸住宅が稼ぎやすいといっても、手当たり次第に仕入れていたら、
赤字になりかねませんから、事前にリサーチした上で判断する必要があります。